プロフェッショナルコーチング

経営者の方

  • HOME »
  • 経営者の方

buletコーポレートコーチングメニュー

エグゼブティブコーチング
マネージメントコーチング

「自分の考えが浸透しない」
「仕事を任せられる人財がほしい」
「結局は自分が言わないとダメ」

こんなお悩み抱えていませんか?
実はその99%は経営者の責任です。

私は色々な経営者の方とお話しさせて頂きます。
業種も様々、地域も北海道から沖縄まで、
数十億の売り上げの会社から、
はじめたばかりの会社まで、
本当に 色んな企業の経営者の方がいらっしゃいます。

そんな中、従業員を抱える経営者の多くの方が、
冒頭のお悩みを持っています。

何十億という売上をあげている社長が、

「いくら言っても、社員がわかってくれないんだよ」

とぐったりうなだれていたりもします。

うまく言ってると言われている会社は、
社員は出来る限り雇わない、
派遣社員とアルバイトを採用して、
出来るだけ外注に出すという、
システムにしていたり。

ある会社では、社員には一切権限を持たせない、
一から十まですべて、社長が決める。

社員はそれを正しく、効率的に遂行する事を考える。
という会社もあります。

これらの方法を否定するものでは全くありません。
むしろ、中小企業の経営者としては、
手本としてもいいのかもしれないと思っています。

法人とはいえ資本の100%を出し、
借り入れをするときには必ず連帯保証人。

建前では、株主は出資した資本以上の責任は、
負う必要は無いのです。

が、中小企業の実体は、社長は会社の全ての責任を、
個人レベルでも負わなければならないからです。

ただ、前者では徹底的に、効率の良いシステムを作りあげなければ、
費用が大きくなってしまいます。

又、外注化すれば大なり小なり妥協が必要で、
融通が利かないことも覚悟しなければなりません。

後者では、社長がずっと働いていないといけません。
管理体制をしっかりと構築しておかないと、
社員によるうっかりミスが、後を絶たないうえに、
目を盗んでさぼろうとします。

そして、両者に共通して言えることは、
その社長がいなくなったら、それまでの方法では、
会社が機能しなくなってしまうということです。

いつまでも社長が引っ張りつづけなければいけない会社と、
社員が自ら楽しんで働ける会社どちらを選択いたします

お問い合わせ TEL 03-5843-8758 10:00 - 17:00土日祝日除く

【非常識な正論メルマガ】

結構好奇心旺盛な方ですか?
そんなに勉強や為になるような内容書けるかわかりません。

何かちょっと気になるような事を徒然と書いてみますので、気になったら読んでください。

不定期発行です
登録 解除
*メールアドレス
*名前

PAGETOP
Copyright © 風来坊株式会社 All Rights Reserved.